優和福祉専門学校

介護福祉士とは

介護福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害により日常生活に支障がある者の心身の状況に応じた介護(喀痰吸引やその他のその者が日常生活を営むのに必要な行為であって医師にの指示の下に行われる「医療行為(厚生労働省で定めるもの)」を行い、並びにその者及び介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。
介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」(昭和62年制定)に基づき、介護の専門知識と技術を持つことと認定された介護の専門職であり、国家資格です。

介護福祉士の主な仕事

img_kf01.jpg

介護の仕事には大きく4種類に分けられます。

1. 身体介護

利用者に対する食事の介助、排泄の介助、衣類着脱の世話、 入浴介助などの直接支援と、食事や排泄、睡眠等における 健康観察や脈拍、体温の記録などの健康管理を行なう。

2. 生活援助

利用者の食事づくり、食材料や日用品の買い物、衣類の洗濯、 部屋の掃除、整頓などを行なう。

3. 相談、助言、指導

利用者や家族介護者に対して、生活、身上、介護方法に関する相談に応じ、 助言や指導を行なう。

4.医療的ケア

平成24年4月1日から「喀痰吸引・経管栄養」という医療行為の一部を一定の条件の下、これを業とすることができるようになりました。

介護福祉士の主な職場

『特別養護老人ホーム』 『介護老人保健施設』 『訪問介護事業所』 『障害者支援施設』 『介護老人福祉施設』 『通所ディサービス』 『社会福祉協議会』 『民間の福祉関連サービス会社』 『医療機関』 等


在宅サービス
img_kf03.jpg

主に高齢者がお住まいの自宅で行われるサービスです。
看護職や介護職などが自宅を訪問し、様々な介助を行います。
または有料老人ホームやグループホームも、自宅と見立ててサービスが行われます。

訪問介護

自宅で、生活援助、身体介護などのサービスを受けられます。
ホームヘルパー・介護福祉士・看護師などが1名で訪問します。

訪問入浴介護

浴槽積載の専用車で伺い、自宅で入浴をお手伝いするサービスです。
ヘルパー・看護師など3~4名のチームで訪問します。

通所介護 (デイサービス)

比較的軽度の要介護者が施設を訪問し、日帰りでサービスを受けます。
定員により相談員・看護職・介護職の必要人数が定められています。

短期入所生活(療養)介護 (ショートステイ)

施設に短期間(数日~数週間)宿泊し、生活・療養等のサービスを受けます。
介護施設に併設されている場合が多く、施設内スタッフとして従事します。

認知症対応共同生活介護 (グループホーム)

認知症の要介護者が、共同生活を営む住宅で受けるサービスです。
最大9名での共同生活で、日中は常時3名以上の介護職が従事します。

特定施設入所者生活介護 (有料老人ホーム、ケアハウス)

有料老人ホーム等に入所し、生活全般の総合的なサービスを受けます。
相談員・看護職・介護職が、適正な人員基準で配置されます。


施設サービス
img_kf04.jpg

介護関連施設では、医師・相談員・看護職・介護職・栄養士・ 機能訓練指導員・介護支援専門員が必要人数配置され、 入所者に対して、総合的なチームケアを行っています。

介護老人福祉施設

常時介護が必要で、自宅での生活が困難な高齢者の方が入所します。
主に社会福祉法人が、日常生活上の世話や介護、機能訓練、健康管理を行います。

介護老人保健施設

病状が安定し、治療よりは、看護や介護が必要な高齢者が入所します。
主に医療法人が、医療的管理下での介護、機能訓練を行います。(回復後の退所が前提)

介護療養型医療施設

急性期の治療が終わり、長期療養を必要とする高齢者の方が入所します。
主に病院が、医療や看護、医学的管理下での介護、機能訓練を行います。


医療関連の仕事先

医療関連の仕事を一部ご紹介します。

病院・診療所

img_kf02.jpg

病院は入院施設があり、ベッド数が20床以上ある医療機関です。
診療所は入院施設がないか、あってもベッド数が19床以下の医療機関です。
一口に病院といってもいろいろな病院があり、たとえば長期療養用や老人医療専門、ホスピスといわれる末期医療専門など、さまざまです。

  • 1